大崎善生『将棋の子』魂を揺さぶられる将棋ファン必読のノンフィクション

大崎善生が2001年に発表したノンフィクション小説『将棋の子』を紹介します。大崎善生は雑誌『将棋世界』の編集長を10年間務めた経歴のある作家で、妻は女流棋士の高橋和(やまと)です。

プロローグは平成8年3月7日、第18回奨励会三段リーグ最終日の中座真の姿を追います。プロ四段への二つの椅子を目指して戦う三段リーグ、最終日の対局2局を前に中座は4番手につけていました。

堀口一史座 12勝4敗
野月浩貴  12勝4敗
藤内忍   12勝4敗
中座真   11勝5敗
今泉健司  11勝5敗
木村一基  10勝6敗

中座は1局目を勝ち、2局目に臨みます。奨励会には年令制限があるため、26歳の中座は勝っても負けても、これが奨励会最後の対局です。その対局は競争相手である今泉健司との直接対決でしたが、完敗を喫します。中座は何もかも終わったと、悔しさ、申し訳なさ、不安感に苛まれながら帰り支度をしていると、まだ目があると伝えられます。そして、奇跡的に昇段が決まると、運命の悪戯に翻弄された中座は腰砕けになり、膝を抱え、腕の中に顔を埋め、へたりこんでしまいます。私はこのプロローグだけで魂が揺さぶられ胸が熱くなりました。

スポンサーリンク

エピローグで著者は、普通であれば中座は将棋界を去っており、そうなっていれば「中座流8五飛車戦法」は存在していないことを指摘します。三段リーグという過酷なリーグ戦が本来は将棋界に取り込むべきであった才能を流出させてしまっているとしたら悲劇ではないかと。

『将棋の子』は羽生善治、森内俊之、佐藤康光、郷田真隆らが、ものすごい勢いで将棋界を駆け上がり席捲していった時代の裏で、夢破れ奨励会を去っていった者たちの物語です。著者の同郷である成田英二の物語を軸に、日本将棋連盟に勤務していた著者だからこそ知り得たエピソードが満載です。村山聖が奨励会を去る加藤昌彦に「加藤さんは負け犬だ」「僕は加藤さんのような負け犬にはならない」と言って喧嘩になった話。その加藤に「君が四段になれなかったのは、すべて僕の責任だ」と涙を流しながら詫びた師匠の小林健二。

『将棋の子』は将棋ファンに広く読んで欲しいおすすめのノンフィクション小説です。

スポンサーリンク

誤解されない文章を書こう!『日本語スタイルガイド』

現代社会はメールやSNSの発達で個人の情報発信はものすごい量です。皆さんも日々、仕事やプライベートにおいて、文章を書くことで多くのコミュニケーションをとっていると思います。但し、何気なく書いた文章は正しく意図が伝わらない場合があるので注意が必要です。例を3つ紹介します。

スポンサーリンク

修飾語は修飾する語句に近づける

× 2日前に送ったメールが届いていないことがわかった。

「2日前」にメールを送ったのか、届いていないことがわかったのが「2日前」なのか、わかりません。2つの解釈ができてしまっています。このような場合は読点を打ったり、順番を変えることで明確な文にできます。

〇 2日前に送ったメールが、届いていないことがわかった。
〇 送ったメールが2日前に届いていないことがわかった。

 

全体否定なのか部分否定なのかに注意

× 試供品は全部配布しないでください。

まったく配布してはいけないのか、一部配布して余りを残すようになのか、わかりません。2つの解釈ができてしまっています。「まったく」「一度に全部を」を使って明確な文にしましょう。

〇 試供品はまったく配布しないでください。
〇 試供品は一度に全部を配布しないでください。

 

「~のように…でない」は誤解が生じる

× このパソコンは会社のパソコンのように処理速度は速くはない。

この文は3通りの解釈ができてしまいます。
 (1) 会社のパソコンは速く、このパソコンは遅い。
 (2) 会社のパソコンも、このパソコンも遅い。
 (3) このパソコンは速いが、会社のパソコンほどは速くない。

「~のように」をやめて、「~と違い」「~と同じで」「比較した場合」を入れて明確な文にしましょう。

〇 このパソコンは会社のパソコンと違い処理速度は速くはない。
〇 このパソコンは会社のパソコンと同じで処理速度は速くはない。
〇 このパソコンと会社のパソコンを比較した場合、会社のパソコンのほうが処理速度は速い。

 

本記事は一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会編著『日本語スタイルガイド第3版』を参考にさせていただきました。正しい文章を書きたい方には大変有用な本と思います。

皆さんも文章を書いた後はもう一度読み返して、誤解される文章になっていないかチェックしてください!

スポンサーリンク

amazonがついにプライム会員向け電子書籍読み放題サービスを開始!

世界最大の通販サイト「amazon」。
スマホやパソコンを持っている人は、一度は使ったことがあると思います。通販はもちろんのこと、有料のプライム会員になれば注文した荷物が早めに届き、さらにビデオ見放題や音楽聴き放題サービスが受けれます。しかし、今までamazonに電子書籍の読み放題サービスはKindle Unlimitedというものしかありませんでした。しかも、それを利用するには一般会員・プライム会員に関係なく月額980円を支払う必要がありました。これは、本好きにはたまらないサービスかもしれませんが、数ヶ月に1冊本を読む程度の方には月980円、年間にして1万円以上かかるのであまりおすすめしません。

そこでamazonは今月5日、プライム会員向けに新しい電子書籍読み放題サービス「Prime Reading」の提供を開始しました。このサービスの特徴は、先ほど紹介したKindle Unlimitedとは違い、追加料金無しで数百冊の書籍やマンガ、雑誌を読むことができます。年間3900円のプライム会員に入っているだけで、従来のサービスに加えてさらに今回新たに始まったサービスを受けれます。しかし、追加料金無しで利用できるので、当然読み放題の対象となるものはごく限られたものになります。その点、Kindle Unlimitedは追加料金こそかかるものの、和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。なので、既にプライム会員もしくはこれからなる人でそんなに本を読まない人はPrime Reading、とにかく本が大好きで月に10冊以上読むような人はKindle Unlimitedを利用すればいいと思います。
自分の生活スタイルに合ったamazonサービスを利用して、生活が豊かになるといいですね。

スポンサーリンク

賽銭箱に一万円を入れる人とは?神社で正しくお参りしよう!

お正月と言えば、新年の幸せを願って初詣に行きます。願いを込めて入れるお賽銭ですが、10円玉は語呂合わせで「遠縁」と呼ばれ、縁から遠ざかると言われています。お札を入れるときは白い封筒に入れて自分の名前と住所を書くといいそうですよ。私はお札を入れたことはありませんが、1万円札を入れる人がいるとしたら、一体どんな人なのでしょうか?

正しいお参りの仕方とともに、まとめてみました。まずは正しいお参りの仕方から始めます。

鳥居(とりい)

神様がいる聖域と人間の世界の境界を表すものです。神社の玄関にあたるので、くぐるときは一礼をしてからくぐります。

手水舎(ちょうずや)

お参りする前に手と口を水で清めます。
①右手でひしゃくに水をくみ、左手を洗います。
②ひしゃくを左手に持ちかえ、右手を洗います。
③ひしゃくを右手で持ち、左の手の平に水をうけ口をすすぎます(ひしゃくに口をつけません)。
④最後に左手を洗ってから、ひしゃくを立てて残った水で柄を洗い元の位置に置きます。

参道(さんどう)

参道の真ん中は神様の通り道。左端を歩きます。

スポンサーリンク

お参り

①お賽銭をおさめます。
②鈴を鳴らします。お参りに来たことを神様に知らせる合図です。鈴の音は悪い霊を払いのけ、神様を招くと考えられています。
③二度礼をします(体の角度は90度)。
④二度拍手します。音で悪い気を払うため、しっかりと音をたてます。
⑤目を閉じてお祈りします(日頃神様に守っていただいている感謝、自分の名前と住所、お願い事の順番で)。
⑥最後に一度礼をします。

おみくじ

おみくじは、神様からの教訓のため、持ち帰りましょう。神社で結ぶ際は、木に結ぶと木を傷めてしまうので指定された場所で結びます。

さて、冒頭にふれましたが、「神社の賽銭箱に1万円入れましょう」という言葉が心屋仁之助さんの著書「折れない自信をつくるシンプルな習慣」に書かれています。

大金がなくても自分自身の評価は変わらない、自分は大丈夫だと実感するために、自分にとってのありえないこと、それだけは絶対にやりたくないことをやってみるのです。その先にはありえない結果が生まれるのだと・・・。

振り返ってみると無心でいるとき、周りを気にしていないとき、物事がうまくまわり出すことがあります。困っているときに誰かが助けてくれたりします。なぜかなんとかなることがあります。逆に、あれこれ考え過ぎたり、背伸びして無理をすると、ことごとく裏目に出てしまうことがあります。自分の予想と違う結果が出ることは往々にしてあります。なかなか計算通りにはいきません。結局自分らしくしていれば、なんとかなるということでしょうか。

さぁ、自分自身を信じるための「神社ミッション」です。これで人生が変わるのなら、あなたは賽銭箱に1万円札を入れますか?

スポンサーリンク