【埼玉少女誘拐】寺内樺風被告、2審は懲役12年

当時中学1年だった少女(18)を誘拐し約2年間自宅に監禁したとして未成年者誘拐や監禁致傷などの罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(26)の控訴審判決公判が2019年2月20日、東京高裁で開かれました。

弁護側は完全責任能力を認定した1審判決には事実誤認があり、量刑が重すぎると主張しました。1審で懲役15年を求刑した検察側は「犯行の悪質性を正しく評価しておらず軽すぎる」として双方が控訴していました。

若園敦雄裁判長は「犯行は巧妙で悪質」として懲役9年とした1審さいたま地裁判決を破棄し、懲役12年を言い渡しました。

判決によると、2014年3月、朝霞市で当時中学1年だった少女を誘拐し、2016年3月まで千葉市や東京都中野区の自宅に監禁。心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせました。

スポンサーリンク

【埼玉少女誘拐】中1少女を自宅に監禁した被告に懲役9年の判決

埼玉県朝霞市の少女(17)が2016年3月、約2年ぶりに保護された誘拐事件で、T被告(25)は未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われました。2018年3月12日に、その事件の判決公判がさいたま地裁で開かれ、松原里美裁判長は懲役9年(求刑同15年)を言い渡しました。

2017年8月に判決が言い渡される予定でしたが、T被告が不規則発言を繰り返すなどしたため、期日が延期されていました。この公判では、T被告は奇声を上げながら入廷しました。松原裁判長に「職業は」と聞かれると「森の妖精です」と話し、ほかにも虚偽の生年月日や住所などを述べていました。

しかし、今回の判決公判では奇声を発することなく落ち着いた様子で受け答えしていました。前回の奇行は、責任能力を逃れるためだったそうです。

被害者の少女は、中学1年から3年の心身ともに成長する期間を失われ想像を絶する大きな打撃を受けました。しかし、監禁中にT被告が暴行、暴言を少女にしたとは認められないことなどから量刑が考慮されました。

T被告には、更正してほしいですね。

スポンサーリンク

【寝屋川監禁】娘を凍死させた両親、監禁罪などで起訴

2018年1月24日大阪府寝屋川市の民家の隔離部屋でAさん(33)が両親に長期間にわたって監禁され、凍死した事件で、女性が学校に登校していた小学6年生のころに「体にあざがあった」と複数の同級生が証言していることが発覚しました。

Aさんが当時、「父親が怖い」と話していたことも判明しました。6年の3学期になると突然姿を見せなくなり、それから中学校卒業まで一度も通学していませんでした。

大阪府警寝屋川署捜査本部は、小学校高学年ごろから両親がAさんに厳しく接し、6年の3学期以降は実質的な隔離状態に置いていたとみています。

大阪地検は1月24日、父親(55)と母親(53)について、監禁と保護責任者遺棄致死の罪で起訴しました。

起訴状によると、両被告は2007年3月12日ごろから2017年12月18日ごろの間、内側から解錠できない二重扉や監視カメラを設置した隔離部屋で統合失調症だったAさんを監禁しました。2017年1月からは急激にやせて衰弱していたのに、満足な食事や治療を受けさせずに全裸で放置し、2017年12月に凍死させたとしています。

地検は両被告の認否を明らかにしていません。監禁の期間は逮捕容疑では約15年とされましたが、地検は起訴段階で範囲を限定しました。

一方、Aさんと小学校で同じクラスだった女性(33)は、「小学6年の夏ごろ、Aさんの腕や足にあざがあるのを見つけた。つねられたような痕だった」と証言しました。同級生の男性(33)もAさんの体に「あざがあった」とし、「父親が怖い」と言っていたのを記憶しています。捜査本部も同様の証言を得ており、両親がこのころから厳しいしつけをしていた可能性があるとみています。

父親らは隔離したAさんの様子を、監視カメラで確認していました。長期間にわたる映像の記録をDVDで保存していました。捜査本部が内容を調べたところ、死亡した2畳の部屋とは別の小部屋で、学齢期とみられるAさんが閉じ込められているのが写っていました。

小学生の頃から虐待されていて、ひどいと思いました。

スポンサーリンク

監禁民家に監視カメラ10台、両親が訪問者を警戒か

大阪府寝屋川市の民家で、住人女性が監禁されてやせ細った状態で死亡した事件で、死体遺棄容疑で逮捕された両親がなんと民家の外側にも監視カメラを約10台設置し、自宅内のモニターで外の様子をうかがっていたことが判明しました。

監視カメラは様々な方向を映せるようになっており、大阪府警は、約16年間に及ぶ女性の監禁が発覚することを恐れ、訪問者を極度に警戒していたとみています。死亡した女性(33)、逮捕された父親(55)・母親(53)の自宅は木造平屋で、高さ2メートルほどの塀に囲まれ、通行人らからは様子が見えないようになっています。

約10台の監視カメラは、主に塀の外側の道路に向けて設置されており、民家の軒先につり下げられたり、塀に埋め込まれたりしていました。いずれも作動しており、自宅内に映像が確認できる複数の機器があったそうです。

両親は、娘を監禁した事実の発覚を恐れて監視カメラを大量に設置した一方で、中では暖房がない部屋で衣服を身に着けずに放置していたことがわかりました。なぜ娘を社会から隔離し、劣悪な環境に置き続けたのか。府警は解明を急いでいます。

「娘には精神疾患があり、中で療養させるため。」と、逮捕された父は説明しています。娘の死は、監視カメラのモニターを見て気がついたと言っています。風呂にも入れず、食事も一日一食。娘が死亡した日の気温は、氷点下2.7℃。もはや人権がありません。「こんな状態になるまで、なぜ病院に連れていかなかったのか。親としての愛情がうかがえない」と、ある捜査幹部はそう漏らしました。

とても悲しい事件、解明までもう少し時間がかかりそうです。

スポンサーリンク

民家で女性凍死、監禁した両親を逮捕

大阪府寝屋川市の民家で33歳の女性が亡くなっているのが見つかりました。死因は凍死でした。両親に長期間監禁されていたとみられています。

2017年12月23日に死んだ女性の両親を死体遺棄容疑で寝屋川署が逮捕しました。この両親から詳しい経緯を聴いています。

同課によると、死亡した女性は2人の長女で死因は低栄養などによる凍死と判明しました。2人は「長女には精神疾患があり、16、7歳から自宅の一室に監禁して療養していた」と供述しているそうです。

目立った外傷はなかったものの、体重は19キロしかなく衰弱していたとみられています。室内に2畳ほどのトイレ付きのプレハブ小屋を設け、外から二重扉で施錠し、タンクからチューブを伸ばし水分を取らせるなどしていたそうです。12月18日の朝、動かなくなっている愛里さんに気付いたが5日間放置し、23日になって同署へ届け出て事件が発覚しました。

精神疾患を患っているからといって、監禁するのは人道的ではないと思います。

スポンサーリンク