ゲーム版13日の金曜日、法廷闘争で開発停止

Gun Mediaは2018年6月11日、『Friday the 13th: The Game』のコンテンツ開発を停止する旨を発表しました。本作は2017年5月にPCおよび海外PlayStation 4/Xbox One向けに発売された1対7の非対称マルチプレイホラーゲームです。2018年7月13日には日本語音声を収録した国内PlayStation 4版がナツメアタリより発売される予定です。

騒動の発端となったのは、初代「13日の金曜日」の脚本を手がけたVictor Miller氏が2016年に発行した、「13日の金曜日」版権所有者への契約解除通知です。映画「13日の金曜日」フランチャイズおよび関連キャラクターに関する権利はHorror Inc.に帰属していますが、作品の著者であれば権利の返還を請求できるという著作権法の改正に基づき、解除通知を発行しました。

公式サイトにて開発停止をアナウンスしてからというもの、開発陣のもとには「近いうちに版権争いの決着が付けば開発が再開されるのか」という問い合わせが複数寄せられています。そこで本作のパブリッシャーGun Mediaの創設者であるWesley Keltner氏が公式フォーラムにコメントを投稿しました。近い将来に判決が下されたとしても、新しいコンテンツを作り始める可能性は無いと答えたそうです。

とても残念ですね。

スポンサーリンク